So-net無料ブログ作成

舛添氏ら午後に離党届 大島氏からは議員辞職要求(産経新聞)

 23日に新党を結成する自民党の舛添要一前厚生労働相(61)と矢野哲朗前参院国対委員長(63)は22日午後、自民党本部で離党届を提出する。一方、大島理森幹事長は舛添氏に対し、比例代表で党公認として参院選に当選したことを踏まえ、議員辞職するよう求めた。

 21日に新党結成の意向を表明した舛添氏は、一夜明けた22日午前8時50分ごろに都内の自宅を出発し、現在の心境について記者団に「雨が降っているけど、さわやかです」と語った。

 その後、国会内で新党のあり方について説明。新党の形は「いったん改革クラブに入り、これを新党に変えるという手続きになると思うが、あくまでも『舛添新党』をつくる一つの手段だ」と述べた。新党の理念には(1)デフレ克服(2)カネにきれいな政治(3)国際競争力強化−を挙げた。

 その上で、新党結成に対して自民党内に批判があることには「いろいろな批判があるのは当然だ。今必要なのは、過去を見るのではなく、いかにして新しい政治を作るかだ。今自民党がどうこうということではない」と語った。

 大島氏は22日午前、舛添氏らの新党結成について、党本部で記者団に「わが党の議員を勧誘している行為は、明らかに党の規律を乱す」と非難した。

 舛添氏に対してはさらに「党の公認なしで当選できることはなかった。政党の政治家のあるべき道として、議員を辞職して、わが党に議席を戻し上で(新党に)参画するべきだ」と述べた。

 新党には舛添、矢野両氏のほか、自民党離党届を提出している小池正勝氏(58)、改革クラブからは渡辺秀央代表(75)、荒井広幸幹事長(51)、山内俊夫氏(63)の計6人の参院議員が参加する。

【関連記事】
自民衝撃、集団離党…舛添やっと決断、新党旗揚げへ
舛添前厚労相「新党と総裁どちらも視野」
舛添・東国原会談、新党触れず 「オオカミ中年」党内から批判
「足元固めないと」「汗をかいたか」 森田知事、舛添氏に苦言
「八方ふさがり」の舛添氏 人気者との連携に活路を求めたが…
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

ビアガーデンがオープン 地産地消メニューも 栃木(産経新聞)
<名古屋市議会>恒久減税案など 委員会で全会一致で否決(毎日新聞)
米国に「赤い靴の女の子」像設置=横浜〔地域〕(時事通信)
首長新党は日本創新党 山田党首「国家・地方・国民の自立」(産経新聞)
障害者自立支援法訴訟13例目の和解 大阪地裁(産経新聞)

日欧線は210便欠航=火山灰で−国交省(時事通信)

 アイスランドの火山噴火の火山灰が広がり欧州の空の便がまひした問題で、国土交通省によると、成田、関西、中部国際の3空港と欧州各地を結ぶ旅客便の欠航は15日から19日午後3時までで計210便となり、5万6000人に影響した。
 日本航空は45便、全日空は27便が欠航。英ブリティッシュ・エアウェイズ、独ルフトハンザ航空など欧州系は9社の138便が欠航した。
 帰国できずに空港にとどまっている外国人旅客は18日時点で、成田が94人、関西が44人という。 

【関連ニュース】
【特集】民間機ミュージアム〜B787ついに初飛行〜
【特集】御巣鷹山の真実-記者が語る日航ジャンボ機墜落事故
〔写真ニュース〕アイスランドの火山噴火
〔写真特集〕The Volcano 世界の火山
〔写真特集〕最新鋭の787、A380から懐かしの機種まで・航空機の写真

母、めいの順で刺す=逮捕の長男、一家5人殺傷−愛知県警(時事通信)
<行方不明>ネパール人就学生の22歳女性、昨年8月から 福岡県警捜査(毎日新聞)
部下暴行容疑、福岡県警警部補を書類送検(読売新聞)
舛添氏に厳しい処分を=自民全議員懇で続出(時事通信)
薬師寺 映画「春との旅」奉納される(毎日新聞)

よみがえった武田軍=山梨県〔地域〕(時事通信)

 今年で40回目を迎える恒例の「信玄公祭り」がこのほど、甲府市内で行われた。武田信玄役に俳優の沢村一樹さん(42)、山本勘助役には俳優の伊吹五郎さん(64)を招き、総勢1500人が武田軍に扮(ふん)して甲府市内を行軍。天候にも恵まれ、10万人超の観光客を集めた。
 甲州軍団出陣式では、沢村さんが、家臣の進言に対して「オッケー」と、応じるなど観衆の笑いを誘う場面も。観光客のパレードへの参加や、武田家第16代当主の武田邦信さんによる軍配奉献など新たな試みもなされた。 

【関連ニュース】
〔写真〕よみがえった武田軍=山梨県
〔地域の情報〕東京タワーでオレンジまつり
〔地域の情報〕イケてる野良着でショー=島根県邑南町
〔地域の情報〕加藤清正が空港に登場=熊本
〔地域の情報〕「人間魚雷」工場跡、撤去へ=佐賀県伊万里市

神奈川県箱根町 満開のサクラが雪化粧 積雪10センチ(毎日新聞)
<東海道新幹線>男性が先頭部分にぶつかる 命に別条なし(毎日新聞)
暴力団関係を名乗る男、NHKに抗議電話(読売新聞)
<社民党>民主党の強行採決に異論 幹部会で慎重審議求める(毎日新聞)
東京、横浜などで降雪…41年ぶりの遅さ(読売新聞)

普天間失敗なら内閣総辞職=渡部氏(時事通信)

石原都知事来たけど若手来ない…与謝野・平沼新党(スポーツ報知)

 自民党に離党届を出した与謝野馨元財務相(71)と無所属の平沼赳夫元経済産業相(70)らは5日夕、都内で会談し、今週中の新党結成を確認した。会談には、この日離党届を提出した園田博之衆院議員(68)に加え、石原慎太郎・東京都知事(77)が飛び入り参加した。ただ、年配者が多く、政策も微妙に異なる「与謝野・平沼新党」への参加に二の足を踏む議員も出てきた。当初予定していた8日の結成は10日に先送りされる方向で、新党の先行きは不透明だ。

 東京・渋谷区のレストランで開かれた会合には、園田氏や離党を検討中の藤井孝男元運輸相(67)も出席した。基本政策やメンバー、党名について協議。支援を買って出た石原都知事も加わった。

 大物同士の“合体”だが与謝野、平沼両氏の政治理念や政策には異なる点が多い。この日は「増税も視野に入れ、経済対策と財政再建を車の両輪として取り組んでいく」ことで合意したが、双方のメンツを立てた両論併記の印象はぬぐえない。8日予定の旗揚げは10日に先送りされ、新党は不安な船出となりそうだ。

 与謝野、平沼両氏は東京の麻布高校で机を並べた同級生で、ともに衆院当選10回。一時は同じ派閥に所属したことがあるが、具体的な政策では違いが鮮明だ。

 元財務相の与謝野氏は財政再建を目指した橋本内閣で財政構造改革法の立案にかかわるなど筋金入りの財政規律派。小泉内閣で郵政民営化を推進した。「経済、財政、国民の安心安全」を政治信条とする「リベラル保守」。

 一方の平沼氏は、郵政民営化を徹底的に批判し、自民党復党も拒否した硬骨漢。「真性保守の再生」を訴え、自主憲法制定や対北朝鮮強硬路線を掲げるなど、政界きっての「タカ派」として知られる。

 政策の軸が見えないせいか、新党合流に慎重な議員も出てきた。2008年の総裁選で与謝野氏を擁立した後藤田正純衆院議員(40)は「今新党に行くことは絶対にない」と明言。自民党の中堅若手は多くが冷ややかだ。昨夏、平沼氏の支援を受けて国政復帰した城内実氏(44)は合流に否定的な発言をする一方「(平沼氏のもとで)ぞうきんがけでもやる」と揺れている。

 平沼氏も寄せ集め感を避けたい意向。新党参加を理由に離党の意向を幹部に伝えたことが判明した鴻池祥肇元防災担当相(69)と、連携をめぐって6日に会談予定の鳩山邦夫元総務相(61)は結党メンバーには入らない見通しを示した。政党要件を満たす5人目の国会議員については、自民党の中川義雄参院議員(72)と協議していることを明らかにした。

 党名は4つ程度に絞り込んだ。夏の参院選比例代表に候補者擁立を目指していることから親しみやすい平仮名の党名が候補に挙がっているという。

 与謝野氏はこの日、政界の師である中曽根康弘元首相や青木幹雄参院議員にあいさつ。ベテランが全面に出る新党が、どれだけ広がりを見せられるか。

 【関連記事】
藤田まことさん幻の作品…慎太郎知事「主役決めてた」
慎太郎都知事「自業自得」!朝青龍も協会もバッサリ
ミッキー安川さん通夜…石原知事ら700人悼む
石原都知事、草ナギに同情…「少し騒ぎすぎ」

小沢幹事長と前原国交相、バトル再燃!(スポーツ報知)
シャトル 山崎さんが宇宙仕様のカーディガンを持参(産経新聞)
五木寛之氏・直木賞選考委員退任 「新しい空気必要」(産経新聞)
全国体力テスト、参加率18%に=事業仕分けで86%から低下−文科省(時事通信)
首相動静(3月30日)(時事通信)

<普天間>「腹案は既に用意している」と言明…鳩山首相(毎日新聞)

 「腹案は既に用意している」。鳩山由紀夫首相は31日の党首討論で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題に関し自民党の谷垣禎一総裁に、政府案は実質的に固まっていると強調した。また「現地の了解がなくて案を進めることはない」と明言、地元の了解が前提との考えを示した。だが、政府案を巡り関係閣僚や与党幹部の間では異なる思惑が交錯している。

 首相は「腹案とは県内か、県外か、国外か」と詰め寄られ、「今日まで平和を維持するために沖縄の皆様方が大変貢献してくださった。これからは全国の皆様方がその負担を分かち合う思いを共有していただきたい」と述べ、「県外移設」を視野に地元自治体関係者の説得に自ら乗り出す考えを示した。普天間の危険性除去でも「2014年より遅れることはできない」と表明した。

 首相発言について、平野博文官房長官は31日の記者会見で「2014年を待たずともできる限り負担を軽減する。危険性除去は常にしていかなければならない」と説明。しかし、首相の「腹案」については真意を測りかねているようで、「決定かどうか分からない。首相としては腹に持っておるということだ」と述べるにとどめた。

 政府内では、普天間本体は県内移設とし、キャンプ・シュワブ(同県名護市)の陸上部と米軍ホワイトビーチ(同県うるま市)沖合に加え、基地機能を分散移転させる県外の移転先を増やすことが検討されている。

 平野氏はホワイトビーチ沖合に人工島を建設する案に積極的だが、社民、国民新両党幹部が同日そろって「反対」を申し入れ、地元も反対しているのが実情だ。

 社民党党首の福島瑞穂消費者・少子化担当相は31日の記者会見で、「腹案」発言を「沖縄の負担軽減のためという思いは一緒。首相を支えて問題解決を図りたい」と評価した。【上野央絵】

【関連ニュース】
鳩山首相:郵貯限度500万円主張「5年前の話だ」
郵政改革:首相、連立を優先 郵貯上限2千万円
普天間移設:政府案「複数も」…鳩山首相
偽装献金:ずさん「首相マネー」 実母の12億円は闇
偽装献金:鳩山首相「責任感じる」 自民「使途の説明を」

横路衆院議長が左足骨折で入院(産経新聞)
エフエム東京、40分間も無音放送(読売新聞)
<高潮>巨大台風なら死者7600人 東京湾の被害想定(毎日新聞)
天気 近畿、冷え込む 金閣寺も雪化粧 (毎日新聞)
後輩に「ボコるぞ」 恐喝容疑で中学生2人逮捕(産経新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。